昭和62年に設立した建設大臣の指定を受けた財団法人、一般財団法人民間都市開発推進機構(MINTO機構)

調査研究業務

調査研究

①調査研究

地域社会の健全な発展と魅力あるまちづくりを支援するため、民間都市開発事業(特にまちづくりや都市再生)に関する調査研究(各種情報の収集等)を行い、その成果や情報の提供を行っています。

②都市研究

都市研究センター(所長 伊藤 滋(早稲田大学特命教授 東京大学名誉教授))においては、都市の開発・整備・環境保全等の都市問題全般にわたる研究を行っています。社会経済情勢の動向に応じてセンターが自らテーマを設定した自主研究や官民団体との共同研究等を行い、関係機関への協力・提言を通じて、都市整備・都市再生に貢献していくこととしています。研究成果のうち主要なものは、当センター研究誌「URBAN STUDY」に掲載しています。また、その他のものは、「Research Memo」でご覧頂けます。

 

③研究助成

(ア) 概要

平成19年度から、大学の研究室等を対象に、都市の再生に関する計画研究を公募し、優秀な研究計画に対して助成を行う研究助成を実施しています。各年度数件を選定し、選定年度を含めた2カ年の研究事業に対して助成(各年度1/2ずつ)を行っています。

(イ) 選定方法

選定に当たっては、学識経験者等から構成される選定委員会において、公正な審査を行っています。

委員長 伊藤 滋(早稲田大学特命教授・東京大学名誉教授)

委員  大西 隆(豊橋技術科学大学学長・東京大学名誉教授)

(ウ) スケジュール

例年、7月初旬頃から当機構HP等のお知らせにより公募を開始し、9月中旬頃を締切としています。

選定結果については、上記(イ)の選定委員会の審査を経て10月中旬頃にHPに掲載するとともに、個別に応募者に通知いたします。

※平成30年度の研究助成については、公募開始と同時に詳細を掲載いたします。

●平成30年度都市再生研究助成について

助言・あっせん等